今ゲイの間で最も熱いSNS「VERO」でイケメンのエロ垢と繋がるには?使い方を徹底解説

  1. DATING SKILLS
  2. 16500 view

今、ゲイの間で「VERO」というSNSアプリが流行っています。というのも、「イケメンのハメ撮り動画やエッチな画像が沢山見れる?」とか。「いったい、どうなってるの?」ということで、今回は「VERO」の今を徹底調査!コレから始めたい人向けの基本的な使い方や、イケメンのエロ垢と上手に繋がる方法、エッチな使い方をする上での注意点などをご紹介していきたいと思います。

「VERO」って、どんなSNSアプリなの?

VEROは、ユーザー目線を大切にしたSNSとして2015年にリリースされました。Facebook、Instagram、Twitter等の良いとこどりアプリといった感じで、広告も一切なし。かなり使い勝手が良いのですが、リリースされてから数年はなぜか全く注目されませんでした。

ところが、2018年の2月頃から急激にユーザーが増え、1日50万人が登録したという驚異的な数字を叩き出しています。その背景には、セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーなどの海外アーティストやセレブたちがこのアプリの良さに気づき使い始め、TwitterやInstagram、Facebookなどで紹介したことにより、「VEROって何?」とそのファンたちの話題になり広がったという経緯があります。こうして、「VERO」は、新世代のSNSとしての地位を確率しました。

簡単に公開範囲を設定ができるのが魅力

なぜ、海外の有名人たちがこのアプリに注目したのか?その理由の1つに、投稿の公開範囲を直感的な操作で設定できることがありました。VEROは、繋がっている人を「フォロワー、知り合い、友達、親しい友達」の4つの段階に分けて設定することができ、投稿時に下の図ようなバーをタップするだけで、どこまで公開するのか決めることができます。

沢山いるファンの人に向けたアナウンスから、親しい人へのプライベートな投稿までを1つのSNSで完結できるというのが「コレは良い!!」と、なった模様。

画像やビデオも他のSNSより高画質

さらに、もう一つ、アーティストたちに「Vero」が気に入られたのは、「投稿した写真や動画の画質が良い」という点でした。TwitterやFacebookなどは、ユーザーが多すぎることからサーバーの容量を節約するために問答無用でデータが圧縮されてしまいますが「VERO」は他のSNSと比べ美しい画質でアップロードされます。人に見せるものを作る人彼らにとって、クオリティの高い状態でシェアできることは重要だったようです。

「VERO」がゲイの間で流行った理由

先ほど説明したような「他のSNSにはない便利な点」に目をつけた一部のゲイたちが、エロ垢としてVEROアカウントを作り始め、瞬く間に「VERO」はゲイの間でホットなSNSに変化していきました。高画質でエロい動画をシェアできるのはもちろん、公開範囲を簡単に設定して見せたい人にだけエロいシェアができる点が注目されたように思えます。

やはり、エロの力は偉大

以前気になって、なんで「VERO」してるの?というアンケートをツイッターでとったことがあったのですが、答えはこの通り。8割以上がエロ目的という結果になりました。

Twitterの凍結祭りや、9monstersのアンロック廃止も追い風か?

ちょうど「VERO」が流行りだす直前に、日本のゲイ最大手出会い系アプリ9monstersのアンロック機能(非公開写真公開機能)が廃止されたことや、Twitter社がエロ垢に対しての規制を厳しくし、ほとんどのTwitterエロ垢が凍結されたことも、ゲイが「VERO」を始める追い風になったように感じます。

ゲイにとっての「VERO」の魅力

そして、とにかくゲイの「VERO」アカウントは魅力がいっぱいです。Twitterのエロ垢とはまた違うエロさがあるので、それを紹介していきます。

顔出しイケメンのエロ投稿が見れる

なぜか「VERO」では、顔アイコンを載せた状態でエロ投稿をしているアカウントが多く、そこがTwitterのエロ垢との大きな違いです。顔が分かっているから、イケメンがこんなエロい投稿をしているのか!!という感じで、コンテンツを眺められるのが、心底アガる要因になっている気がします。クローズドなSNSだからこその傾向かもしれません。

あわせて読まれている記事