TENGAストア(阪急メンズ館/有楽町)の接客がエッチだった件

  1. SEX LIFE
  2. 2909 view

リニューアルした阪急メンズ館(有楽町)に、オシャレなTENGA(テンガ)ショップができた!とのことで、これはチェックせねば!ということで、行ってきました。エログッズショップのイメージを一新する衝撃を受けたので、感動が熱いうちに早速レビューしたいと思います。

エログッズショップにあるまじきオシャレな店構

阪急メンズ東京6階のフロアに、もう何も隠す気もなくオープンスペースで佇むTENGA STORE TOKYO。ドーンとあの赤と白のテーマカラーが目に入ってきます。ハイセンスな雑貨屋のような店構に、エログッズを堂々と見ているにも関わらず「俺、ちょっとオシャレなことをしているかも」みたいな錯覚すら覚えるほど。

img by TENGA STORE TOKYO

ムービーまで作られていてかなり力が入っている

このオブジェに書かれている「愛と自由とTENGA(と読むみたいです)」が、今回のブランドメッセージで、コンセプトムービーまで存在しています。なかなか、気合い入ってますね。。。

常設でのセクシャルショップの百貨店出店は初のことだそうで

『性を表通りに』というヴィジョンを実現するために、百貨店への出店は一つの大きな目標としてあった。これまで性に対して誠実に向き合ってきたことでTENGAをフレンドリーに感じてくれる人が増えたからこそ、今回出店することができた。

ファッションウィーク情報

と、公式もコメントしており、かなり大きな一歩だったようです。

店員の「接客付き」という衝撃!

普通のエログッズショップなら、店員は客を恥ずかしい気持ちにさせないよう、カウンターの中で出来るだけ存在を消し、できるだけ目を合わせないように、ひっそりと……みたいな感じかと思いますが、さすがTENGA『性を表通りに』と銘打っているだけのことがありました。

ショップでバネ付きのTENGAを見つけた時のこと

TENGA SPINNER 01TETRA

テンションの上がった俺は、

ひろすけ
ひろすけ

へー!!こんなんあるんや〜!! みてみて、バネついとるよ!!

と、一緒に行ったゲイとキャッキャしていたところ、そこへファッションブランドの店員と見まがうほどの自然さでTENGAストア店員のお兄さん登場。

TENGAお兄さん
TENGAお兄さん

それ、バネの伸縮でストロークに応じてひねりが出るんですよ〜。試しに、指入れてみてください〜。

と「その服、試着してみますか?」くらいのノリと笑顔のお兄さん。言われるがまま、指を突っ込む俺たち……

ひろすけ
ひろすけ

あ、これ、ぜったい気持ちいやつや

とかいう、あられもない感想を述べる俺。

TENGAお兄さん
TENGAお兄さん

しかも、これ洗って繰り返し使えるんですよ〜。しかも、ボトムカバーを外すと、ほら〜! 乾燥スタンドになるんです!

と言いながら、慣れた手つきで商品の機能性をアピールしてくれるお兄さんに、ついつい聞き入る俺たち。普通だったら、恥ずかしくて仕方がなくなりそうですが、店舗のオシャレさと店員さんの自然さに、なぜかすんなりその状況を受け入れていました。

電動TENGAは実はコスパが良かった

たまたま近くに置いてあったというのもあり、話は電動TENGAへ。

TENGA FLIP 0

こちらも例のごとく、お兄さんに「指入れ」を勧められるがまま体験し、いい感じに吸い付く密着力や振動を指で感じ「あー、これでオナニーしてみてえ」と思いながらも、やっぱり電動なだけあって、ちょっと高いと感じるお値段……。

やはり、見送りだと心に決めようとしたその時のお兄さんのセリフがこちら。

TENGAお兄さん
TENGAお兄さん

確かに、ちょっと高く見えるかもしれないんですけど、これ50回は使える保証ついてるんですよ〜。なので使い捨てのTENGAを個別にご購入いただくより、1回あたりのコスパが良いんですよね〜。

ちょっと、そう聞いてしまうと、なんだか手の届かない商品だと思っていた電動TENGAが、すごくお得な商品に見えるではありませんか……。こういう話って店員さんと話さないと自分では気づかなかったりするポイントなので、会話ができるエログッズショップっていうのも、面白いなと思いました。ということで、絶賛、購入検討中なのであります(結局まだ買ってない)。買ったら使用感のレビューをするかもです。

ということで、いっぱいTENGAに指を入れさせられてちょっぴりエッチな気分になった、お兄さんの接客付きのTENGAストア。なかなか楽しい経験をさせていただきました!気になった方は、ぜひ行ってみてね!

AMBER - 共通点でつながる、新感覚のゲイ向け出会いアプリ!

見た目も大事だけど、趣味の合う人と出会いたいという人にピッタリのゲイ向け出会いツール。やりとりには「認証」が必要なので、なりすましが存在せず安心。操作性もよく使いやすいので、サービス開始から登録者が急激に増加中。新しい出会いを体験してみよう!

AMBERを使ってみる
ひろすけ

九州産のアラサーゲイ。「アンロミー!」を立ち上げた人。本業は、Webデザインとマーケティング。「笑うとエイの裏側によく似てるね」とよく言われます。

記事一覧