【2019年】今おすすめの海外BL映画・ドラマ

  1. CULTURE

去年、BLドラマ「おっさんずラブ」が大ヒットしたことも記憶に新しいかと思います。日本では漫画が主体で、実写BLはまだポピュラーにはなりきれていませんが、海外では多数の作品が発表されていて、国際的に人気を博しています。新たな日本のBL作品が発表されるまで、海外のBL作品を堪能してみませんか。

上瘾 ~ハイロイン~

中国のBLを語るうえで決して欠かすことのできない伝説的な作品です。

http://www.rosedrama.com/hairoin/

中国のボーイズラブ作家 柴雞蛋(チャイジーダン)の代表作「你丫上瘾了」。
絶大な人気を誇るこの小説に基づいた本作は、配信後24時間以内のアクセス数が瞬く間に1000万を突破、中国Webドラマの1日のアクセス新記録をたたき出す。あまりの過熱ぶりに、中国当局が配信停止にするほどの社会的現象に。中国では“幻のドラマ”となった今も、熱狂的なファンにより人気は海外へ広がり、台湾、韓国、タイ等のアジア全域で一大ブームを巻き起こす。そんなボーイズラブ作品の金字塔ともいえる本作が、いよいよ日本初上陸。

出典:ドラマ『ハイロイン』公式サイト

アジアのゲイと腐女子、腐男子がこのドラマに熱狂しました。自殺者が出たという話もあるぐらいです。 男性人気があるのは、黃景瑜(ホワン・ジンユー)演じる顧海(グーハイ)、女性人気が高いのは許魏洲(シュー・ウェイジョウ)演じる白洛因(バイ・ルオイン)ですね。

http://www.rosedrama.com/hairoin/

インズ(白洛因のあだ名)はクールで貧乏な優等生である一方、ドラマ序盤では、オラついてるグーハイがインズに好意を持っているがゆえに、ちょっかいを出したりいじわるしたりします。まるで男子小学生ですね、グーハイ。そんなグーハイがインズへの恋愛感情を自覚し出して……というストーリーです。グーハイの筋肉にも要注目。

上瘾 ~ハイロイン~ のトレイラーはこちら

なお、ハイロインは2019年02月にやっと日本版ブルーレイが発売されましたので、これで日本語字幕、日本語吹き替えのブルーレイを手に入れることができます(放送から3年は長かった……)。吹き替え版は声優の谷山紀章さんと平川大輔さんが演じられてます。

HIStory2 越界~君にアタック!

続編の制作も決定している人気の台湾ドラマです。

https://b2b-ch.infomart.co.jp/new…18765

喧嘩っ早いが真っ直ぐな心を持つユーハオ(フェンディ・ファン)はその運動神経を買われバレーボール部から勧誘を受ける。一度は入部を断るユーハオだが、ツーシュアン(ザック・ルー)のアタックに見惚れてしまう。怪我で選手の道を諦めたツーシュアンの想いを知ったユーハオは代わりに夢を叶えようと、猛特訓を始める。2人で練習を続けるうちにユーハオはツーシュアンに惹かれていく。そして迎えた大事な練習試合の前日、ユーハオはツーシュアンに告白するが思いもかけない言葉が返ってきてしまい…。 一方ユーハオの親友のジェンウェン(ニック・ヤン)は血の繋がらない兄ジェンウー(パトリック・シー)への密かな想いに苦しんでいた。

出典:Rakuten TV

女性人気があるのは王振文(ワン・ジェンウェン)と王振武(ワン・ジェンウー)の兄弟カップルですが、筆者としては夏宇豪(シャオ・ユーハオ)を推したいですね。おそらく男性人気が高いです。

特に盧彦澤(ザック・ルー)が演じる部長こと邱子軒(ツーシュアン)のシャワーシーンでの夏宇豪の照れ具合が非常にかわいらしいです。また、盧彦澤は最近日本語学習を始めたらしく、ツイッターでも時折日本語で呟いています。

HIStory2 越界~君にアタック!のトレイラーはこちら

越界のDVDは、2019年2月28日までに楽天TVの越界の全話パックと、同じHIStory2シリーズの是非の全話パックを購入することで手に入れることができます。なんと、2019年3月16日の盧彦澤(ザック・ルー)のDVDお渡し会参加チケット付きです。ここでは紹介してませんが、是非もかなりいい作品なので、越界のDVDのために急いで全話パックの購入することをお勧めします。

イヴ・サンローラン

http://www.seven-art.fr/yves-saint-laurent.html

長きにわたってモード界に君臨した20世紀を代表する天才デザイナー、イヴ・サンローランの人生を描いた伝記ドラマ。主演はフランス期待の若手ピエール・ニネ、共演にギヨーム・ガリエンヌ。監督は俳優出身で、本作が長編3作目のジャリル・レスペール。

1957年、パリ。デザイナーの卵時代にクリスチャン・ディオールに見出されたイヴ・サンローランは、彼の死後、弱冠21歳にしてその後継に指名される。周囲の不安をよそに、初めてのコレクションを大成功に導き、鮮烈なデビューを飾ったイヴ。そんな彼の才能に惚れ込んだ人物の一人に、芸術家の後援をする26歳のピエール・ベルジェがいた。2人は出会ってすぐに惹かれ合い、ほどなく一緒に暮らすようになる。ピエールは繊細なイヴを様々な厄介ごとから守るべく雑事を一手に引き受け、彼がデザインに専念できるよう尽力する。そんな中、ディオール社とのトラブルに巻き込まれたイヴは、ピエールの献身的な支えの下、ついに自らのレーベル“イヴ・サンローラン”の設立にこぎ着けるが…。

出典: all cinema

高級ファッションブランド、イヴ・サンローラン(現 サンローラン)の創設者の映画。 優雅なパリのファッション業界と彼らの話すフランス語が非常に美しいです。

イブ・サンローランのトレイラーはこちら

恋愛映画とは少し毛色が異なりますが、是非とも見てもらいたいフランス映画です。

ブエノスアイレス

http://www.bfi.org.uk/news-op…30-best-lgbt-films-all-time

「欲望の翼」のウォン・カーウァイ監督のもと、レスリー・チャンとトニー・レオンが恋人役を演じ、アルゼンチンを舞台に繰り広げられる男同士の切ない恋愛や人間模様を描いたラブストーリー。激しく愛し合いながらも別れを繰り返してきたウィンとファイは関係を修復するためイグアスの滝へ向かうが、途中で道に迷って言い争い、そのままケンカ別れしてしまう。その後、ブエノスアイレスのタンゴバーでドアマンとして働いていたファイのアパートに、傷ついたウィンが転がり込んでくる。仕方なくウィンを居候させるファイだったが、ケガから回復したウィンはファイの留守中に出歩くように。そんな中、転職して中華料理店で働きはじめたファイは、同僚の青年チャンと親しくなる。第50回カンヌ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した。

出典: 映画.com

今は亡き伝説の香港スター、レスリー・チャン主演です。彼自身もバイセクシャルであるとカミングアウトしています。 監督はカンヌ国際映画祭常連のウォン・カーウァイです。最優秀監督賞を獲得した本作もウォン・カーウァイ作品の例に漏れず、卓越した映像美が魅力です。

トロピカル・マラディ

https://www.thaich.net/news/20160126c.htm

カンヌ映画祭審査員賞、カイエ誌ベスト1に輝く代表作、愛し合う二人の青年の日常がみずみずしく描かれている前半と全く違う映画に思えるほど不穏な空気に包まれる後半、中島敦「山月期」の一説が引用されており、アビチャッポン作品を貫く重要な要素の一つである”変容”が最も顕著に表現された作品に観客はまるで森の中に迷い込んだかのような感覚を与える撮影と音響は圧巻。

出典: Filmarks 映画

『ブンミおじさんの森』でタイ人初のカンヌ映画祭のパルムドールを受賞したアピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品です。この作品はカンヌ映画祭審査員賞を獲得しており、タイの美しい自然の中で愛し合う男二人の関係が描かれます。

ムーンライト

https://youpouch.com/2017/04/01/424122/

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、第89回アカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校では「リトル(チビ)」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。そんなシャロンに優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのフアン夫妻と、唯一の男友達であるケヴィンだけ。やがてシャロンは、ケヴィンに対して友情以上の思いを抱くようになるが、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、誰にも思いを打ち明けられずにいた。そんな中、ある事件が起こり……。

出典: 映画.com

アカデミー賞で作品賞の本作では、主人公のシャロンが受ける同性愛差別や黒人社会の貧困と困難が描かれています。静かな映像美が特徴の映画です。

ムーンライトのトレーラーはこちら

まだまだ面白いBL作品はたくさん!

ここでは挙げませんでしたが、『離れて、離さないで』や『不可効力」『ミウの歌』『花蓮の夏』『紅色氣球』などまだまだ面白いBLドラマ・映画がたくさんあります。

国別の傾向でいうと、タイドラマはかわいい男の子が恋をする少女漫画風の作風で、韓国だと登場人物が病気になったり死亡するなど悲惨な話になる傾向があるような気がします。また香港ではそもそもBLものがあまりないです。台湾と中国の作品は、俳優の面でもストーリーの面でも、男性同性愛者の好みに合うのではないかと個人的には思っています。今回紹介した作品の中から、あなたのお気に入りの作品が見つかれば幸いです。

追伸:文中で言及しましたが、作者イチオシの1つ、越界のDVDは2月28日までに楽天TVのキャンペーンに応募しないと手に入りませんので、興味がある方はお急ぎくださいませ!

以上、【2019年】今おすすめの海外BL映画・ドラマ でした。

HOTなゲイネタを募集中!

アンロミー!では、HOTなゲイ情報を募集中。ゲイに親和性のある面白いネタ・サービス・商品などをお持ちの方は、プレスリリースを送信ください。ビジネス当事者様からの掲載ご依頼も審査はありますが、無料にて記事化しております。

記事ネタを提供する
たかやん

だいたい京阪神にいる24歳。フランス語と英語をそこそこ話す。中国語勉強中で、スペイン語は放置中。カフェと京都が大好きで、申し訳程度ジムに通っている。絶賛転職活動中。

記事一覧

あわせて読まれている記事