発展場で好みのメンズを部屋に連れ込む!10のお誘いテクニック

  1. SEX LIFE
  2. 5672 view

ゲイにとっては、もはや1つの文化とも言える有料発展場。どうせ行くなら「タイプの人とヤッて帰りたい!」というのが、発展場へ行くゲイたちのホンネだと思います。

とはいえ、ドンピシャでタイプの人がいたとしても、イケメンすぎて緊張したり、誘って断られたら傷つくなと思ったりして、うまくお誘いできないという人もいるのではないでしょうか。そんな方へ、今回の記事では発展場でタイプの人とヤレる確率をUPさせるお誘いのコツをご紹介します。

結論、残念ながら「容姿」に勝るものはない。でも努力でどうにかなる部分も。

「こんなの説明されずともわかってるよ!」という声が聞こえてきそうですが、やっぱり多くの人にイケメンだと判断されればお誘いの成功確率が増えちゃうのが現実。特に、中身を知る方法が全くない特殊な状況で、判断する材料は「見た目」しかありません……。

だからと言って、そこで「しょうがないよね」と諦めてしまうのは勿体無い!最初に紹介したいのは「努力でなんとかなる部分」のテクニックです。

コンセプトに合った店を選ぶこと

今の自分の見た目がタイプの人が集まる店を選ぼう。

発展場にはそれぞれコンセプトがあります。短髪系の若いゲイが多く集まる店。前髪系が多い店。顔より筋肉(体)がメインの店。クマ系やGMPD専のお店。何でもありのど変態プレイがしたい人向けの店。など…。それぞれの趣向に合ったユーザーが集まります。それぞれの店舗のコンセプトをよく理解して、自分が売れそうかつ自分のタイプが集まっていそうなお店を選ぶことが大事です。そこを間違えると、全く相手にされないという事態もよくあります。

ひろすけ
ひろすけ

以前、俺は行きつけの短髪系発展場が改装休業中だったので、前髪系が多く集まる発展場に冒険がてら行ったことがあるのですが誘っても全く相手にされず3人誘ってNGだったので、心が折れて帰ったという経験があります。あと、今より細かった時に知らずにガチムチ系のお店に行った時も収穫0でした。あれは辛かった……。

このように、お店選びの段階からお誘い成功率UPの準備は始まっています。多くのお店がコンセプトをサイトに明記していますし、ネットで店名を検索すれば、色んな人が「あそこは、こういう系統の人が多い」みたいなことを書いているので、行く前にチェックしてみましょう。

最低限、身だしなみを整えること

清潔感はやっぱり大事!

その上で、最低限の身だしなみは整えておくことはやはり大事です。たまーに、髪もセットしていない、ヒゲ伸び放題、地味なパンツでゴムがのびきっている……みたいな人がいるのですが、やっぱり清潔感を感じられないと「やりたい」という気分にはなりにくいですよね。

顔は変えられなくても、髪型やヒゲを整えておくことはできます。体臭や口臭がしないよう、体を清潔に保つこともできます。そういう誰にでもできる、当たり前の身だしなみには気をつけたいところです。

特に、姿勢がめっちゃ大事

同じ人でも姿勢で、ここまで違って見える。

その中でも、俺が特に大事だなと思っているのが「姿勢」です。発展場の中は薄暗くパンツ一枚であることが多いため、その人から漂う全体の雰囲気や身体のラインが強調されます。姿勢が悪いと顔がそこそこ良くても、なんか違うなと感じたことがある人もいるのではないでしょうか?

その中でも、猫背の人は要注意です。背中の曲がり具合とお腹のポッコリしたシルエットばかりが見えるので、大いに損をしている可能性があります。逆に、姿勢が綺麗だと、顔がそこそこでも薄暗いのも相まって、なんか良さげに見えたりするんですよね……。姿勢に関しては、日々の意識やトレーニングで改善できること!ぜひ、気にしてみてほしいポイントです。

ここからはもっと具体的な発展場でのお誘い技を紹介!

前半は、テクニック云々の前にやれることはやっておきたいよね!というお話をさせていただきました。まあ「当たり前だよね」という内容が多くて申し訳ないですが、だからこそ大事なことなので念のため。さて、ここからは、若い頃の発展場通いで俺が身につけていった、より具体的なテクニックを紹介していきたいと思います。

ひろすけ
ひろすけ

「あー、発展場とかけっこう行ってるんやね^^」みたいな、フォロワーさんからの視線が若干気になってきましたが、少しでも面白く読んでもらえれば、まあいいや!と、開き直りつつ(何をいまさら)本題スタート!

まずは王道のボディタッチを極めよ

お誘いの王道!それは、至極シンプルなコミュニケーション、ボディタッチ!はい。紹介するまでもないのですが、やっぱり一番わかりやすいのが、相手の体に触れること。すれ違いざまに、ケツを撫でてみたり、立って待っている人のチ○チン触ってみたり。座っている人の横に行って、太ももに手を置いてみるなどして、相手からも反応が返って来れば「おめでとう!」です。正直、誘わずには何も始まらないので、普通に誘うの大事!断られる前提でも、誘うという行為に積極的にチャレンジしたもの勝ち感はあります。

ウケこそタチを誘った方がいい

ちなみに、ウケの子の方が積極的にタチを誘うのをオススメします。まあ人にもよるところではあるし、すごく個人的な経験則なんだけど、意外とタチって奥手な人も多かったり、自分から誘って傷つくの嫌だから待ってるみたいな人も多いんですよ。めっちゃタイプな子がいたとしても、そこそこイケる子から先に誘われたからこの子でいっか(すごい酷い言い方やなこれ)みたいな、心理 is あることあるので、ウケこそ待ってないでアプローチした方がイケメンとやれることあるかもよんというお話。

ちなみに、このツイートプチバズってるところからも、発展場あるあるらしい。

ひろすけ
ひろすけ

ちなみに俺の場合、自分から誘って「相手これ雰囲気に流されてOKしたけど、あんまヤるの乗り気ねえな」みたいなシチュエーションが一番好きじゃないので、タチするときはウケに誘われてノリノリでセックスしたい派です。(聞いてない)

やっぱり寝待ちの人は成功率高い(気がする)

立って待っている人よりも、寝て待っている人の方がヤリたい欲が強めなのか、成功する確率も高い気がしています。ただ毛布にくるまっていたり、横を向いている人は「寝たい!」という状態のこともあるので、仰向けに寝ている人を狙うのがいいかも。自分が寝待ちするときも、できるだけ仰向けで顔が見えるような状態にしておくと誘われやすい感覚があります。

視線がよく合う人を誘う

発展場でよく目が合うな…という人は、あなたのことをタイプと思っている(か、知り合い…笑)の確率が高いかも。タイプだと思っているけど緊張して誘えないとか、あるいは他にも候補がいてどうしようかな…という状況かもしれません。そんな時は、思い切って自分からアプローチしてみると良いでしょう。

応用技!視線を合わせてから部屋に入る

これ、俺がよく使う手法なのですが、タイプの人を見つけたらその人と目を合わせて、相手が自分のことを見ている状態で、部屋に入り寝待ちするというやり方。相手が自分のことをタイプだと思ってくれている場合、高確率で入ってきてくれます。ただし、個室の寝待ちが禁止だったり、混んでる時は個室占領しないでね、というお店もあるので要注意。

あえて人が程よい時間帯を狙ってみる

週末の人が多い時間だと、自分よりイケメンの子がたくさんいたりするとその子たちにみんな持っていかれるみたいなこともしばしば。また、選択肢が多すぎる状態だと人って選ぶ感覚が欲張りになりがちで、なかなか決められなかったりします。なので、あえて人数がほどほどの時間帯を選ぶことでマッチング率を上げるというのもありかもしれません。15人~20人くらいの状況が、個人的にはおすすめ。

顔がそんなに悪くないなら、明るいところにちょくちょく行こう

これは、そこそこ見た目がいい人限定のやり方になりますが、やっぱり顔見て相手決めたいという人も多いので、暗くて見にくい状態より明るくて顔がはっきりわかる場所でいろんな人に視認された方が、お誘いされる率は上がります。

覆面デーという選択肢

顔に自信がない!という方は、覆面デーを利用するという手もあります。自分も相手の顔が見えないのがちょっと残念なところではありますが……体を鍛えている人や、体専の人には良いかもしれません。

最後に、発展場はガチャ

最後に、友人が言っていた名言(迷言?)を紹介します。それも「発展場はガチャ」。ガチャは、スマホゲームなどのガチャガチャシステムのこと。ようは、確率で当たりが引けるかどうか、運もかかっているということらしいです笑

まず、行った発展場に自分好みのイケメンがいるかガチャがあり、さらにその人が自分にOKしてくれるかというガチャがあり……こう書くとなんだかいい思いができる確率すごく少なそうな気がするのですが、回数を重ねることでその確率は上がると前向きに捉えたいところ。

ひろすけ
ひろすけ

こういった、いい思いをできたりできなかったりする、ギャンブル性も発展場が人を惹きつける魅力なのかもしれないね。

ぜひ、今回の記事を参考に「行ってよかったー」という経験をする人が、少しでも増えたらいいなと思います。では!

AMBER - 共通点でつながる、新感覚のゲイ向け出会いアプリ!

見た目も大事だけど、趣味の合う人と出会いたいという人にピッタリのゲイ向け出会いツール。やりとりには「認証」が必要なので、なりすましが存在せず安心。操作性もよく使いやすいので、サービス開始から登録者が急激に増加中。新しい出会いを体験してみよう!

今すぐチェックする
ひろすけ

九州産のアラサーゲイ。「アンロミー!」を立ち上げた人。本業は、Webデザインとマーケティング。「笑うとエイの裏側によく似てるね」とよく言われます。

記事一覧

あわせて読まれている記事